長野市周辺の建売・一戸建て住宅をお探しならセリタホームズ

コラム

《家の収納はどの位必要なのか》を考える

2019年9月9日

住宅を検討する際に、欠かせない要素になるのが「収納」ではないでしょうか。

お客様との打ち合わせの中でも、収納スペースの話は常に出てきます。

 

 

そして収納スペースの位置や広さは、人数やライフスタイルによって大きく異なるので、共通した決まり事や正解はありません。

 

限られた面積の中で、収納スペースを多く・広くすれば居住空間が狭くなりますし、

建物を大きくしようとすれば、もちろん建築費用も高くなってしまいます。

どうすればよいのか、非常に悩むところですね。

 

 

一般的な収納スペースの大きさとはどの程度なのでしょうか?

目安としては、建物全体の面積(延床面積)の10%~20%と言われています。

その中には、造り付けのクローゼットの他、食器棚、本棚、シェルフなども含まれます。

 

 

具体的には、8畳間にタタミ1畳分のクローゼットを設けた場合、

1.65㎡(1畳)÷13.2㎡(8畳)=0.125という計算となり、

収納率は12.5%となります。

 

また、8畳間にタタミ2畳分のウォークインクローゼットを設けると、

3.3㎡(2畳)÷13.2㎡(8畳)=0.25となり、

収納率は25%になるというわけです。

 

これはあくまでも目安ですので、参考程度に捉えていただければと思います。

12.5%の収納率で十分に収納できるご家庭もあれば、

25%の収納率があっても収納しきれないご家庭もあると思います。

 

 

《収納計画をする前に》

収納はしまうためではなく、使うための物を入れておくところだと思います。

「とにかく収納をいっぱい!」と考えるより、まずはその家で暮らすイメージをもう一度ご家族で話し合ったり、何を収納するのかを書き出したりしてみてください。

具体的に収納する物と量がイメージ出来ていれば、きっと住んでからの悩みは少なくなると思いますよ。