menu

性能・機能 PERFORMANCE / FUNCTION

耐震・耐久

〈全棟構造計算実施〉セリタホームズの建物は、自社設計による耐震等級3を基本設計としています

構造計算とは、その家が、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、どのように変形しどのような応力が発生するのかを計算し、構造上十分な強度があるか確かめることです。
当社では、力の流れを考慮した構造計算(許容応力度設計)を全棟実施することで、地震や台風に強い、安心した暮らしができるお家を提供しています。

※耐震等級3とは、数百年に一度発生するとされている地震(東京では震度6から震度7程度)の地震力の1.5倍の力が
加わっても、倒壊・崩壊・損傷しない程度の強度を表します。

耐震性に優れた「木造2×4工法」

日本古来の工法「在来工法(木造軸組工法)」が柱や梁といった【線】構造で家を組み立てるイメージなのに対して、2×4工法は、壁・床・天井といった【面】構造で家を組み立てていくイメージです。【面】による6面体構造(モノコック構造)は、外からの圧力に対して強い耐性を発揮します。大きな揺れが加わっても、力が一点に集中することなく、バランスよく揺れを吸収・分散するので、地震にも強いのです。

「ベタ基礎」なら地震にも強い!

建物を支える重要な基礎構造には、強固なベタ基礎を採用。お家の底面全体を鉄筋コンクリートの【面】で支えるから、荷重が分散して地震の揺れや不同沈下に強いのです。床下全てをコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気やシロアリの対策にも優れています。

火が燃え広がりにくい「省令準耐火構造」

火は空気の流れに沿って燃え広がります。2×4工法は、火の通り道となる床や壁の構造材が火の伝わりを防ぐ「ファイヤーストップ材」となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。火が広がりにくい構造の為、万が一火災が発生しても、被害を最小限にとどめ、大切なご家族や財産を守ります。住宅金融支援機構が定める「省令準耐火構造」なので、火災保険料も安く抑えることができます。

断熱・省エネ

高気密・高断熱の「低炭素住宅」

低炭素住宅とは、行政の定める基準をクリアした、二酸化炭素排出量が少ない環境に配慮した住宅のこと。従来の省エネ法の省エネ基準よりも、一次エネルギー消費量が-10%となる優良住宅です。セリタホームズのお家はこの「低炭素住宅」に対応しているので、「夏涼しく、冬暖かい」年中快適でありながら、エコな暮らしを実現します。

高性能樹脂窓

夏場の熱の流入や冬場の熱の流出が多いのが開口部である「窓」。断熱性能の高い家を実現するには、窓の断熱性を高くする必要があります。セリタホームズでは、アルゴンガス入りの複層ガラスと樹脂サッシが標準仕様。気密・断熱・遮音において高い性能を発揮し、冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑え、不快な結露も抑えます。

断熱材

優れた断熱・防音性能に加え、健康、安全、環境へも配慮したグラスウール断熱材を採用。グラスウールとはガラス繊維を綿のようにふかふかにさせた繊維系の断熱材です。壁・床に90mm、2階天井270mmの暑さでお家全体に断熱材を施工し、高い断熱性を実現しています。

安心・安全

「高性能換気」でキレイな空気!

室内の空気を常にキレイに維持するために欠かせないのが、高性能な24時間換気システム。セリタホームズでは、世界最高水準の「全室24時間換気システム」を採用し、キレイな空気環境の家を実現しています。

シックハウス対策

家づくりで使う建築材料は、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドの発散量が最も少ないF☆☆☆☆(エフ・フォースター)の建材に限定しています。構造木材はもちろん、内装仕上げ材、下地材量、塗装剤、接着剤、断熱材などもです。さらに24時間換気システムによって常に空気換気を行うことで、シックハウス対策を万全にしています。

家族にやさしい「かどまるくん」

セリタホームズのお家は、壁の角が丸くなっています。だから、お子様が元気に遊んでいても安心。万が一ぶつかった場合も、衝撃を和らげてくれます。やさしさのある家づくりも、私たちのモットーです。

建売住宅と注文住宅のハイブリット!!

着工前であれば注文住宅のように間取りや仕様を選べるセリタホームズの建売住宅


TOP